電気乗り換え 東京ガス 東京電力 料金比較

料金は本当に安いの? 東京ガスの電気 vs 東京電力 ガチ比較! 

>>>東京ガスの電気。お得な申込ページはこちら

 

2018年4月から、"あまり電気を使っていない人”を対象にした、「ずっとも電気1S」が提供開始になります。現在、先行受付中です。

 

東京電力との比較を含めた情報は、以下ページで詳しく解説しています!

 

>>>>一人暮らしも対象※東京ガスの電気「新料金プラン」を解説!<<<

 

「東京ガスの電気」と東京電力。料金プランの比較は?

 

「東京ガスの電気乗り換えメリットデメリットは分かったけど、そもそも電気料金ってどうなってるの?

 

具体的に両社の料金を比較して見てみたい!という方もいると思います。

 

しっかり納得して判断したいですよね。

 

 

東京ガスの電気」と東京電力の条件を合わせるため、家庭で良く利用されている

 

  • 東京ガス ずっともプラン1
  •  

  • 東京電力 従量電灯B

 

比較して見ました。

 

 

東京電力(従来プラン)と「東京ガスの電気」との比較

 

電気料金の構成は、両社とも

  • 基本料金

    月々の使用する量に関わらず必ず掛かる料金

  •  

  • 電力量料金

    使った量に応じて追加される料金(いわゆる従量制料金)

に分かれます。

 

まず、「基本料金」を比較して見ましょう。

 
 

単位 東京電力(円) 東京ガス(円)  
10A 1契約 280.80    
15A 421.20    
20A 561.60    
30A 842.40 842.40  
40A 1123.20 1123.20  
50A 1404.00 1404.00  
60A 1684.80 1684.80  

 

ポイントは2つです。

  • 東京ガスでは、10A、15A、20Aのプランはありません。
  •  

  • 30A以上のプランでは、両社に差はありません。

「東京ガスの電気」では20A以下のプランがありませんので、現在20A以下のプランで利用している学生や単身の社会人の方々は、30A以上で契約しないと東京ガスで利用できません。

 

それでは高くなって無意味なので、「東京ガスの電気」へ乗り換えのメリットはないことになりますね。

 

 

次に、「電力量料金」を比較してみましょう。

 

 

単位

 

東京電力 東京ガス
  単価(円)   単価(円)
第1段階

1kWh

120kWhまで 19.52 140kWhまで 23.24
第2段階 120kWh超え300kWhまで 26.00 140kWh超え350kWhまで 23.45
第3段階 300kWh超え 30.02 350kWh超え 25.93

電力量料金は従量制料金といっても、ただ単に比例的に料金が上がっていくのではありません。

 

利用量の節目節目で料金だけでなく単価も上がっていくようになってます。

 

世間一般的な商品やサービスは使えば使うほど単価が下がりますよね。これとは違うのが電気の世界です。

 

 

東京電力と「東京ガスの電気」を比較すると、同じものと異なるものがあります。

  • 同じもの

    単価が上がる節目が3段階

  •  

  • 異なるもの

    単価が上がる節目となる「電力量」と「単価

基本料金とは違って、節目の電力量と単価が違うので、すぐにどちらが安いか分からないですね。

 

明らかなのは、

  • 120kWhまでは、

    東京電力の単価や安い。

  •  

  • 120kWhを超えると、

    東京ガスの単価が安い。また電力量が多いほど差が広がっている。

ですね。120kWh~350kWhの中のどこかで、東京電力より「東京ガスの電気」の方が安くなるポイントがありそうです。

 

ということなので、具体的にモデルケールで両社のいずれが安いか比較してみました。

 

 

モデルケースでのシミュレーション

 

モデル1【契約容量60A・月間の電気使用量350kwh】


■東京電力
基本料金 :1684.80円
電力量料金
1段:2342.4円(120kwh*19.52円)
2段:4680.0円(180kwh*26.00円)
3段:1501.0円(50kwh*30.02円)
合計:10208.2円

 

■東京ガス
基本料金 :1684.80円
電力量料金
1段:3253.6円(140kwh*23.24円)
2段:4924.5円(210kwh*23.45円)
3段:0円(0kwh*29.93円)
合計:9862.9円

 

60A、350kwhだと「東京ガスの電気」の方が、東京電力より安くなります。

 

これだけで東京ガスの方が安いですが、ここから「ガスと電気のセット割」で▲270円になりますので、両者の差はさらに広がります

 

では、もう少し容量と電力量の小さい家庭をモデルとして計算してみましょう。

 

 

モデル2【契約容量40A・月間の電気使用量250kwh】


■東京電力
基本料金 :1123.20円
電力量料金
1段:2342.4円(120kwh*19.52円)
2段:3380.0円(130kwh*26.00円)
3段:0円(00kwh*30.02円)
合計:6845.6円

 

■東京ガス
基本料金 :1123.20円
電力量料金
1段:3253.6円(140kwh*23.24円)
2段:2579.5円(110kwh*23.45円)
3段:0円(0kwh*29.93円)
合計:6956.3円

 

ここでは、「東京ガスの電気」よりも東京電力の方が安くなっているように見えます。

 

しかし、「東京ガスの電気」には、ここから「ガスと電気のセット割」で▲270円がありますので6686.3円になり、40A、250kwhでも「東京ガスの電気」の方が安くなります。

 

「東京ガスの電気」には、更にパッチョポイント(1.5%)が付きますので、それを加味すると更に「東京ガスの電気」がお得になります。

(東京電力にも同様のポイントがありますが0.5%相当です)

 

一方、個々の状況に応じてシミュレーションが必要ですが、ざっくり計算すると、月190kWh~210kWh以下の家庭では「東京ガスの電気」より東京電力の方が安くなる計算になります。

 

>>>東京ガスの電気。お得な申込ページはこちら

 

 

東京電力(新プラン)と「東京ガスの電気」との比較

 

実は、東京電力も電力自由化に手をこまねいて待っているわけではありません。

 

自身でも「新プラン」を提供し、参入してきた東京ガスなどの新勢力に対抗しています。

 

なお、新プランは申込制なので、申し込みをしていない方は現在も従来プランでの利用となっています。

 

 

では、この新プランと「東京ガスの電気」とを比較してみましょう。

 

なお、新プランでは従来プランの「従量電灯B」と同等の「スタンダードS」で比較しています。

 

東京電力の新料金プランは、基本料金は従来プランと同じで、電力量料金(従量制料金)が変わります

 

 

単位

 

東京電力 東京ガス
  単価(円)   単価(円)
第1段階

 

 

1kWh

 

 

    140kWhまで 23.24
第2段階 300kWhまで 23.40 140kWh超え350kWhまで 23.45
第3段階 300kWh超え 30.02 350kWh超え 25.93

 

東京電力の新プランの変更点は以下2つ

  • 電力単価の節目となる段階が、3段階から2段階になった。
  •  

  • 120kWhまでの単価が値上げになり、120kWh~300kWhの単価が値下げになった。

電力を利用が多い家庭が、他社へ「電気の乗り換え」をされるのを防ぐ対抗策だと考えられます。

 

では同様に、モデルケールで両社のいずれが安いか比較してみました。

 

 

モデルケースでのシミュレーション

 

モデル1【契約容量60A・月間の電気使用量を350kwh】


■東京電力
基本料金 :1684.80円
電力量料金
1段:7020.0円(300kwh*23.40円)
2段:1501.0円(50kwh*30.02円)
合計:10205.8円

 

■東京ガス
基本料金 :1684.80円
電力量料金
1段:3253.6円(140kwh*23.24円)
2段:4924.5円(210kwh*23.45円)
3段:0円(0kwh*29.93円)
合計:9862.9円

 

 

モデル2【契約容量40A・月間の電気使用量250kwh】


■東京電力
基本料金 :1123.20円
電力量料金
1段:5850.0円(250kwh*23.40円)
2段:0円(0kwh*30.02円)
合計:6973.2円

 

■東京ガス
基本料金 :1123.20円
電力量料金
1段:3253.6円(140kwh*23.24円)
2段:2579.5円(110kwh*23.45円)
3段:0円(0kwh*29.93円)
合計:6956.3円
(ガスと電気のセット割加味6686.3円

 

モデル1、2とも「東京ガスの電気」の方が、東京電力よりも安くなっています。

 

ただ従来プランと比べると、モデル2では差が小さくなっています。

 

なお、新プランでは東京電力が「東京ガスの電気」よりも安くなる電力量はありません。

 

 

「東京ガスの電気」vs東京電力の料金比較。まとめると!

東京電力の従来プラン、新プランの両方と、「東京ガスの電気」をモデルケースを使って料金比較してみました。まとめると以下3点にになります。

 

  • 電力量が多い家庭ほど、東京ガスに乗り換えた方がお得
  •  

  • 容量20A以下、もしくは月の電力使用量190kWh~210kWhの家庭は東京電力のままの方がお得
  •  

  • 東京電力の新プランにするなら、東京ガスの乗り換えた方がお得。

 

 

これを機会に、是非「東京ガスの電気」に乗り換えましょう!

 

以上、東京ガスの電気と、東京電力をいろんな観点で比較してきました。

 

一部の家庭を除けば、東京ガスの電気に乗り換えた方が得なのが良く分かると思います。

 

今すぐ電気の利用明細を確認してください。

 

「一部の家庭」に該当されない方は、このままでは損をし続けてしまいますよ。

 

損をしたくない方は、(↓)から東京ガスの電気へ申し込んでくださいね。

 

>>>東京ガスの電気。お得な申込ページはこちら

 

 

東京ガスだけでなく、料金シミュレーションで電力各社から最安値を選びたい方は、エネチェンジから検索してみてください(↓)